FC2ブログ

人生反面教師
人の振り見て我が振り直そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

過ぎたるは猶及ばざるが如し

チェーンで客商売をしている様な会社というものは、色々考えるものだ。
何を考えるかというと、「御客様の為」を根底に置いた「演出方法」であるのだろうが、其の実、一体「誰の為」で、「そうしたからどうなの?」という演出が多い。

主にこういうのを考える人間は、所謂「優秀店長」と呼ばれる人種であったり、或いは本部の営業課長やら部長であったりする。
前者は往々にして初めて任された店舗で好成績を挙げたのを機に、「自分はどんな店舗ででも売り上げを上げる事が出来るのだ」と思い込んでいるタイプ(事実そういう特殊な才能を持ち合わせてる人間も居るには居るが、売り上げと云うものは大方は立地や商品の量や種類の多さで決まるのだ)で、張り切り過ぎる余りに、常に「御客様の為」を念仏よろしく唱えて、終いには自己暗示の様になってしまい、
「休日だったので御客様の個人情報を基に、其の御客様の御自宅付近迄行ってみました。そして『嗚呼こんなに遠くからいらして下さってるんだ』と感動し、感謝の気持ちをまた仕事への熱意に変えるのでした。」
等というアブノーマルな作文をしたためたり(ストーカーじゃない?それじゃ)、其の日の接客で嬉しかった事やらを、わざわざ自分の「接客HP」で記事にしたりする人種が多く、後者の場合、「分析」と称して仕事もせずに会社で経済新聞を読み耽り、いいなと思った新聞記事を各店にFAXするなどという暇な事をしてみたり、デスクで鼻糞をほじくり乍らボケェっと、「売り上げを上げるには商品量や種類の多さではなく、接客だ(しつこい接客は嫌われるのに)、笑顔だ(笑うだけで客が来たら苦労無し)、清掃だ(其の前に店舗の壁やら柱がボロボロなのを放っとく癖に)!」
等と机上の空論を展開した挙句、
「御客様に商品を御渡しする時、『大切に使って下さいね』の一言を付け加えましょう。」
等と云う、どう考えても「余計な御世話」でしかない様な事を、命令文書として回覧させて来たりする人種なのだ。

扨、そうした人種が考えた「店舗での演出方法」が上層部で評価される(どういう基準で評価してんだ)と、全店同じ事をやらされるハメに陥る。
例えば、私が客として某古本屋チェーンに行った時、突如店員がマイク放送を始めた事が有る。
「本日は(会社名)○○店に御越し戴きまして誠に有難う御座居ます。只今当店では・・・(以下ウリ文句が続き)、どうぞ此の機会を御見逃し御座居ません様御利用下さいませえ」
其処迄言い終わった時、店内に分散している店員達が声を揃えて、
「御利用下さいませえ~!」
と復唱した。
これに一体何の意味が有ると云うのだろう?皆で復唱すると清々しいイメージになるとでも思ってんだろうか。単純に異様な光景でしかなかったのだが。
更に続けて、
「計算御待ちの○○様、計算が終わりましたのでカウンター迄御越し下さいませ~」
とアナウンスされた。
何の事は無い、古本を売りに来た客を呼び出すのに事寄せて「ウリを宣伝した」訳だ。併し此の手法では、何の関連性が有って「客の呼び出し」と「ウリの告知」を同時にしたものだろう?
更にこれによって得られる対客効果とでも云うべきものを、会社サイドでは「御客様もこれで御気分が宜しかろう♪」とでも思っているのだろうか?

亦、同古本屋では年末、「買った客にクジを引かせて当たったら割引券」みたいのをやってた様だが、それが酷い。
私が本を物色して居ると突如レジの方から、
「当たりでぇ~す!御目出度うございま~す!」
の声と共に、ベルやらパフパフやらの鳴り物の大音響。更にマイク放送で、
「今当たりが出たから、皆さんも買ってみてくれ。」
という様な意味のアナウンスが流れる始末。
冷静に考えると、カウンターに立っている「買ったら当たってしまった客」は身の置き所が無い位羞かしい思いをしているんではなかろうか。
目立ちたがりの人間なら知らず、尠くとも私なら、然も夫れが一人で買いに行ってたのだとしたら、当たるのが恐くて迚もの事にレジに商品など持っては行けない。
そういう「シャイな」人間が居る事も、そうした演出を企画会議にかける際、おエラ方は考慮しなかったものだろうか。

こういう過剰な(というより、それを通り越して意味不明になってしまった)演出によって得られるメリットがどの程度のものかという事は、そりゃ企業として実施する以上、或る程度予測してあるんだろうけれども、それによって失ってゆくものも係数として予測に組み込んであるのかどうか、其の一点が不明なんであります。
スポンサーサイト




  1. 2005/12/25(日) 01:51:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyudou.blog42.fc2.com/tb.php/43-89b14cd0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。