FC2ブログ

人生反面教師
人の振り見て我が振り直そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

営業マンを信じて良いか

物を売ると云う事は良かれ悪しかれテクニックが重要だと言えそうだが、そう云うテクニックを用いた販売の究極形が、営業マンの手口だろう。
訪問販売の手口で言えば、取扱い商品に依ってはターゲットを女に絞る為か、旦那の居なそうな時を狙って訪問するのも手口の一つだ。是は例えば「電解還元水を作る装置」を売り付ける場合等だ。「電解還元水」と云うのは「活性水素(原子状水素)が存在する水」らしいのだが、これがどんなに怪しい物かは化学に詳しい人なら一目瞭然だろうし、そうでなくともネットで調べれば直ぐに判明する。併し女性がこうした技術屋系の知識を持って居る確率は矢張り低そうだから、其処を狙ってのターゲット視なのだと思われる。

それから此方から出向くにしろ先方から訪問して来るにせよ、二人一組で対応して来るのも王道の営業手口だと言える。
栃木県小山市の某建築業者で有ったのが、
「私は無理に奨める積りは無いのだが、(アシスタントを指して)此の者が貴方(貴女)の熱心さ(知識、興味の強さ・・・等と置き換える事も出来る)は凄いから是非良い物を御勧めしたいと私を説得したものですから・・・」
等と猿芝居をする手口。こう云う心理戦を展開して来るパターンが有る。
此の業者は土地を探す際、
「私はプロとして恥ずかしくない物件を探して来ます」
等と言い乍ら、予算の低いのを言い訳にして滅茶苦茶酷い土地を探して来る様な、結局はいい加減な業者だった。

それから実際に体験した訪問販売だが、先ず、「私は売り付ける気は毛頭無い」「御得な情報を持って来ただけで、気に入れば買えばいいし、そうでなければ私は唯帰るだけ」「今日決めろ等とは絶対言わない」を連発。「兎に角話だけ聞いて欲しい」と云うから、話だけならと聞き始めてしまう。すると、「こんなに御得なのに何故やらないんですか。私が親戚なら怒りますよ」等と始まり、結局は「行政がらみの期限が有りまして、今日の何時迄なら此の値段でやれますがどうします?」と、結局直ぐに契約を纏めようとして来た。

初めにどんなに「今日売らない。得な情報を持って来ただけ」と言っていたとしても、こういう手合いは結局最終的に其の日の契約に持って行こうとするか、本当に其の日は売る積りが無くとも、連日押し掛けて来て契約を締結させようとするのだ。
其の日の裡に中に刻限を設ける目的は、速射砲の如きトークと計算された言葉のマジックでカモの思考力を奪って、考えたり調べる時間的余裕を与えない事に有ろう。
羞かしい話だが、此の営業マンのマジックには先ずかみさんが引っ掛かり、私に話だけでも聞いてくれと言って来たので、直に私が営業マンと対峙する事になったのだが、どんなにいい話でも絶対に其の場で契約しないと決心した上で話を聞いた処が、案に相違せず上の如き仕儀とは相成った訳だ。

「考えとく」の一点張りで営業マンを帰したが、「今日中に連絡くれ」と時間制限を設けて来たので、時間内に充分ネットや知り合いの情報で調べを付けた。其の結果、営業マンの言う「期限」も「期限であって期限でない」様なものであったし、営業マンの提示した金額も、「確かにやらないよりは得だが、同業他社の設定価格の相場と較べれば破格に高額」なものであった事が判り、契約しなかったのは言う迄も無い。
此の営業マンは既に老齢の域に達して居り、自信満々であった。
恐らく営業マンの世界では「達人」の域なのだろう。
処がやる事といえば此のザマで、最終的には速やかな契約締結が目的なのだ。初めからそう云う疑いの目で見ていれば、必ず相手の営業マンの目論見が何処かで散見される。「ああ結局言葉巧みに契約に持って行くのが目的か」と鳥渡でも思ったら、兎に角其の件に関しての調査の時間を設けるべきで、それを営業マンが赦さないのなら、どんなに魅力的な話でも絶対に契約しない方が懸命だ。

だが、
「私も人間ですから、今すぐに気持ち良くOKと言って下されば、私の方も気持ち良く、提示申上げた価格で御譲り致しますが、どうしますか?」
等と熟考する時間を与えない為の名文句を吐いて来る事だろう。併し雑誌の広告にしろTVCMにしろ営業マンにしろ、契約前に兎に角一度調べる事。契約後に調べて損をした事に気付いても後の祭りとなってしまうのだ。




スポンサーサイト


  1. 2009/05/05(火) 22:24:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。