FC2ブログ

人生反面教師
人の振り見て我が振り直そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

成績順位に固執する余り

近所の子供A男と、近所の子供B子は、同じ小学校に通っている。
A男は神経障害が有るが、B子より成績がいい。
B子の母親は、A男が居る為に、自分の子供が成績でトップになれない事が悔しいらしく、B子をけしかけてA男を虐めさせて居ると云う。A男は今言った様に精神障害が有る為に、虐めに抵抗する術を持たない。

成績一位になれないのは他人が居るからではなく、自分の問題であろうと思うのだが、母親はそう思わないのだろうか。
例えばA男は毎回100点を取るが、B子は偶に98点を取る事があるので一位になれないと云うのであれば、それは能力差か、子供の勉強時かテスト時の集中力が不足しているからだろう。であれば、母親が責める対象はA男ではなくてB子だ。

そもそも「自分の子供が一位でなくては気が済まない」と云うのも、子供にとっては迷惑な話である。それも子供の将来を考えての事であれば未だしもだが、唯単に「一位が好きだから」と云った偏執的な考えだとしたら、そんな精神異常者の様な親に付き合わされる子供こそ、いい面の皮だ。
どう仕様も無く子供を一位にさせたくて仕方が無いのなら、子供の向上心を伸ばしてやる努力をするに留めるべきだ。

それに、誰が何点取ろうが気にする事自体が傍迷惑である。
A男が独り努力して100点取ったのを、他人がとやこう言う筋合いではない。
A男が何点取ろうが、B子(の母親)は気にせずに、自分(の子供)の学力を上げる努力をすればいいだけだ。努力すれば努力しただけの成績が踉いて来るのだ。
それを、自分の努力が足りないのを棚に上げて、自分より成績のいい人間を攻撃してリタイアさせる方向にしか考えが及ばないと云うのは、正に野蛮人以外の何者でも無い。まるで漫画だ。

こう云う人種は、仕事中に訪問して来て法外な金額の物を売りつけようとする訪問販売の奴等と何等変わる所が無い。人の平穏な人生に干渉して来て被害を齎す社会の屑だ。
自然災害か暴動かクーデターか戦争か、そんな事情で無政府状態か極度の治安悪化が生じた場合、そんな人間は、どさくさに紛れて平時、被害に遭っていた人間から真っ先に狙われるだろう。

この親子と同じ様な事を言っていた韓国人が居た。

「私は今迄何もかも一番だったが、アイツが現われると同時に、容姿も成績も一番ではなくなってしまった。私はアイツを殺したい。悪い考えであるのは解っている。併しこんなに人を憎んだのは初めてだ。」

韓国人は過度の儒教病の影響で、常に人と優劣・上下関係をはっきりさせ、優位に立ちたがり、李氏朝鮮時代の科挙の悪弊を引きずって、エリート志向が強いので、恐らくこうした価値観が生まれるのだと思う。其の上、1800年代末の西洋人コリアン・ウォッチャーも指摘している様に、朝鮮民族は「我慢」が出来ない。一たび怒ると喚き、泡を吹き、激しく嘔吐して卒倒する程怒る。赤ん坊の「憤怒痙攣」の様だ。
在中国朝鮮族三世の人が韓国人と喧嘩したのだそうだが、その人は「私は金輪際韓国人と喧嘩すまいと思った」のだそうだ。何故なら「相手が怒りの余り、私を噛み殺すのではないかと思った程だったからだ」とか。
こうした性情だから、人を殺そうと迄考えてしまうのだろう。

件の親子は、まるで朝鮮民族、殊に韓国人の様だ。
日本人なら先ず「慎み・謹み」と云う事を知るべきだろう。


スポンサーサイト


  1. 2007/11/22(木) 01:47:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。